眼鏡・コンタクトレンズ

眼鏡

眼鏡

眼鏡は医療用具であり、きちんと合っていない眼鏡は眼精疲労、頭痛や肩こり等の原因になります。
眼科で処方された眼鏡の処方箋をもって、信頼できる眼鏡屋さんで作成されることをおすすめしております。

コンタクトレンズをご希望の方も、必ず『度の合った眼鏡』を持っている必要があります。(コンタクトレンズは大変便利なものですが、角膜に傷がついた時、感染性角結膜炎やアレルギー性結膜炎(花粉症等)がひどい時にはコンタクトレンズをお休みしていただく必要があるためです。)
度数をきちんと合わせることは勿論のこと、お顔へのフィッティングの大切さ、眼鏡選びのポイントも含め、ご説明いたします。

お子さまの近視進行を抑制する「MCレンズ」も取り扱っています。
MCレンズは、お子さまの近視進行を抑える為に特別に設計された、世界初の眼鏡レンズです。ご興味のある方はご相談ください。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズ

不適切コンタクトレンズや使用法は眼精疲労の重要な原因や時に重症な眼のトラブルを引き起こす危険があります。
当院では、清潔な一日タイプ、乾きにくいシリコーンハイドロゲルレンズの2week用レンズを中心に、使用目的を伺いながら処方しております。
初めてコンタクトを使用される方には、時間をかけて装用指導をいたします。
装用方法を守って、眼科での定期検診(3ケ月に1度の検診をおすすめしています)をうけながらお使いください。

コンタクトレンズ購入までの流れ

STEP.1 問診

コンタクトレンズをお作りになりたい理由や目の状態をお伺いします。

STEP.2 データ測定

視力検査や目の角膜・カーブや大きさなどを検査致します。

STEP.3 適性診断

目の状態や検査結果から、コンタクトを装用しても問題ないか判断します。

STEP.4 レンズ診断

上記の診断や用途からその方に合ったレンズの種類を決定します。

STEP.5 フィッティング検査

テストレンズを装用してフィッティング(レンズの動き具合等)を確認します。

STEP.6 レンズ決定

ふさわしいレンズを決定、購入頂きます。装用・着脱方法やお手入れ方法をお教え致します。

↑ページトップへ